ボトックスを受ける前に副作用を確認!手っ取り早いエイジングケア

サイトメニュー

注射だけの美容整形術

男性医師

受ける前に備えておく知識

ボトックス治療は世界70ヵ国以上で安全性が認可されている美容整形術です。日本でも厚生労働省が副作用のない安全な治療方法である事を認めています。ボトックスの薬剤であるボツリヌストキシンに副作用はありませんが、施術を受けた後に守るべきルールを破ると思わぬ副作用を引き起こす事になるので注意が必要です。ボトックス治療はボツリヌストキシンを注射により注入します。施術した当日に飲酒をしたり運動したりといった血流を良くしすぎる行為を行うと出血する事もあります。針を刺している事になるので、そこから出血する事になるのでサウナも含め控える必要があります。ボツリヌストキシンを注入しているので、その部分を気になるからと執拗に触ったりマッサージをしたりする事も禁止されています。ボツリヌストキシンの注入量は、医師が希望や状態に応じて決めています。もしこれらの行為をすると、ボツリヌストキシンが広がったり他部位に移ったりして思った効果を得られない場合があります。施術後の注意点や禁忌事項については、医師が事前及び事後に行い、書面でももらう事ができます。ボトックスは副作用はありませんが、効果も永遠ではありません。半年ほどで効果は低下していき徐々に元に戻っていきます。元に戻る事は逆に施術を受けた事を公開した場合も、時間経過により取り戻せるという事です。注射だけの施術内容や元に戻る事、そして手術するより費用も安い事からプチ整形と呼ばれています。ボトックスの作用機序は脳から筋肉への信号を遮断する事で、筋肉の緊張をリラックスさせるものです。緊張が和らぎ使用されない筋肉は痩せて小さくなっていきます。それにより筋肉太りや筋緊張によりできる顔のしわを予防・改善する事ができます。こうした作用機序から注射を受けてすぐに効果は現れず、徐々に痩せていくので周囲に受けた事を知られない程に自然な仕上がりになります。美容整形を受ける場合、受けた事を知人に知られる事を懸念して受けられない方も多くいました。ボトックスはその心配がなく、翌日も変化はないので学校や会社に変わらずいく事ができます。副作用がなく日常生活に支障を及ぼさず、希望する効果を得られるのがボトックス治療です。

Copyright© 2018 ボトックスを受ける前に副作用を確認!手っ取り早いエイジングケア All Rights Reserved.