ボトックスを受ける前に副作用を確認!手っ取り早いエイジングケア

サイトメニュー

ベテラン認定医を探そう

注射

咬筋が発達している人ほど

同じボトックス治療でも、担当ドクターの技量によって結果は大きく違ってきます。ボトックスはアセチルコリンの分泌を抑えて筋肉の動きを制御するため、各患者の筋肉量に合わせて注入量を調節しなければなりません。注入量が少な過ぎれば効果が得られませんし、逆に過剰に注入すれば効き過ぎといった副作用が現れます。その微妙な匙加減は経験によって培われますから、アルバイトドクターや経験の浅い医師を選ばないことがポイントです。そこで、クリニックを探す時は医師の実績を必ずチェックして、ベテランドクターを選びましょう。また、副作用を回避するには美容外科学会の認定専門医のほか、ボトックス治療の認定医を選ぶのがおすすめです。認定医ならボトックス治療の専門知識を持っているため、安心して施術をお願いできます。そのほか、痛みに弱いという場合は、スローペースでボトックスを注射してくれる美容外科を探しましょう。勢いが強ければその圧力で痛みが増すので、カウンセリングの際に注入速度を質問してみてください。咬筋が発達している人ほどボトックスの小顔注射が効果的ですから、先ずは鏡に向かって奥歯を噛みしめてみましょう。奥歯に力を入れた時、筋肉がポコッと浮き上がるようであれば治療効果を望めます。この筋肉は主に食事中の咀嚼で鍛えられるので、硬い食感の料理や、ガムを頻繁に噛んでいる人が向いている治療です。そして無視できないのが歯ぎしりで、この動作では予想以上に力を込めるため、それだけ咬筋も発達します。ですから寝ている最中の歯ぎしりを、周囲の人から指摘されることが多い方も、ボトックスの小顔注射が効果的な人の特徴です。歯ぎしりで顎関節症にお悩みの人は特に向いていますから、小顔目的に関わらず、検討しておくと良いでしょう。同様に、スポーツをやっている人で、練習中や競技中に歯を食いしばることが多い人も、ボトックスの小顔効果を得やすくなっています。また、副作用には注射針による内出血も挙げられますが、発生するのは稀で、もしも生じても数日で治るのが一般的です。メイクでも隠せますから、赤みなどが深刻な副作用となることは殆どありません。

Copyright© 2018 ボトックスを受ける前に副作用を確認!手っ取り早いエイジングケア All Rights Reserved.