ボトックスを受ける前に副作用を確認!手っ取り早いエイジングケア

サイトメニュー

安全性も確認されている

看護師

全工程が15分程で完了

ボトックスはしわの治療や部分痩せなどに使用される美容施術で、傷を残さずコンプレックスを解消できる方法として人気があります。簡単にできる美容整形とはいえ何か副作用があるのではと心配になるかもしれませんが、重篤な副作用は報告されておらず、安心して受けられる施術です。ボトックスがしわや部分痩せに効果を発揮するのは、筋肉の働きを弱める働きがあるからです。表情筋の動きを緩慢にしてしわを改善したり、発達した筋肉を委縮してスリムダウンしたりするというメカニズムとなります。ボトックス製剤を注入すると効果が徐々に表れ、2週間ほどで変化が見られ始めます。その変化は3ヶ月でピークに達し、また元の状態へと戻っていくのです。そのため、効果を持続するためには継続的に施術を受け続ける必要があります。6ヶ月ごとに施術するのが一般的なペースとなりますが、定期的に施術することにより効果の持続時間も長くなるようです。部分痩せの場合は、5回ほどで半永久的な効果が得られると言われています。ボトックス施術の当日の流れは、まず痛みを感じないように麻酔クリームが塗布されます。麻酔が聞いてきたら、ボトックス製剤を注入します。注入が終わったら、軟膏を塗ってもらい終了です。全ての工程を合わせても、15分程で完了する簡単な施術となります。施術後はすぐにメイクもできるので、すっぴんのまま帰宅する心配はありません。施術してすぐに効果が現れるわけではないので、周囲の人にも気づかれないでしょう。ボトックスの副作用として多いのが内出血ですが、これは施術時に注射針が毛細血管を傷つけることによって起こります。施術後に内出血がなくても、注射した部分をマッサージしたり、激しい運動や飲酒などで血行を良くしたりすると内出血することがあるので注意しましょう。施術を受けた当日は、湯船にはつからず、シャワーでサッと済ませるのが無難です。しかし、万が一副作用として内出血したとしても、2週間ほどで消えるので心配ありません。1週間もたてばメイクでカバーできるぐらいの薄さになり、目立たなくなります。

Copyright© 2018 ボトックスを受ける前に副作用を確認!手っ取り早いエイジングケア All Rights Reserved.